自叙伝・自分史作りを中心に小部数から大部数まで、自費出版なら自叙伝工房におまかせください。

選べる本の装丁

製本の種類

重量感のある「上製本」とシンプルで手に取りやすい「並製本」があります。

上製本(ハードカバー)

上製本は、表紙をクロス張りしたハードカバーです。箔押しの文字入れや、表紙を布張りしたり、写真等の素材を用いた表紙を作成することも可能で、高級感のある仕上がりになります。
背の形は「丸背」と「角背」から選択可能です。

並製本(ソフトカバー)

文庫本や新書などにも用いられることが多いソフトカバーの製本で、表紙と本文の用紙を同じ大きさに仕上げるものになります。

印字の向き

縦書きの場合は基本的に右開きとなります。(縦組)

横書きの場合は基本的に左開きとなります。(横組)

本の大きさ

本には様々なサイズがあります。ご要望により下記サイズ以外でも承りますのでお気軽にご相談ください。

A4判
写真集・画集・絵本などに向いています。
B5判
自分史・社史・写真集・マニュアル集などに適しています。
A5判
自分史・ビジネス書・学術書・句集・歌集・写真集・文芸集などに適しています。
四六判・B6判
自分史・小説・エッセイ集・句集・歌集など一番ポピュラーなサイズです。

※本のサイズは本文用紙のサイズとなります。実際に製本され た完成品はその装丁によってサイズが異なります。

書体見本

書体の違いにより読み手に与える印象は異なります。

オプション

箔押し

金箔や銀箔などの熱転写泊を凸判により熱で定着させる印刷方法です。特に金や銀などは光沢があり高級感がでるまで、自分史や句集などの記念誌におすすめいたします。

PP加工

PP加工とは紙の表面にフィルムを貼ることにより、汚れ・ほこり・湿気から保護する表面加工です。また写真等のカラーで出力した表紙は、表面にPP加工をすることにより、光沢が出るのできれいに仕上がります。

ブックカバー

思い出の写真や絵画作品などを素材として、特別な1冊に仕上げます。レイアウトなど、お客様のご希望にあわせてデザインいたします。PP加工も可能です。

表紙カラー出力

表紙をカラーで出力することもできます。思い出のお写真や絵画などをカラーで出力し、表紙にすることもできます。

クラフトケース

1冊から数冊の本をまとめて収めることができ、汚れ・ほこり・日焼けなどから大切な本をお守りいたします。

桐箱

大切な方へ高級感のある贈答用として、またご自分の保存用としておすすめいたします。

貼り箱

1冊から数冊の本をまとめて収めることができ、汚れ・ほこり・日焼けなどから大切な本をお守りいたします。